生活介護×自立訓練(生活訓練)2つのサービスを提供しています。

生活介護と自立訓練(生活訓練)
の違いって?

生活介護

1人1人に合った方法での、入浴・排泄の援助や、食事の提供、医療ケアの提供、 日常生活の相談や助言、個人または集団で行う生産活動(作業)の機会の提供を行います。
1人1人にとっての、より豊かな暮らしをみんなで考えながら目指します。

自立訓練(生活訓練)

ご利用者様と一緒に考えながら、より充実した暮らしのために、暮らしに必要なこと(衣食住などの生活動作や、気持ちをうまく伝えたりするためのコミュニケーションなど)を練習します。利用期間は最大2年間(特例により3年間)です。

入浴

入浴

  • 特殊浴槽を設置しているので、どなたでも安心して入浴していただけます。
  • ひのき風呂のようなデザインで、心も身体もリラックスすることができます。

排せつ

排せつ

  • 看護師が常駐しているので、排せつ方法の検討や、相談・助言を行うことができます。
  • 排便コントロールに困っている方への援助も行うことができます。

食事

食事

  • 栄養バランスの取れた食事を提供することもできます(持ち込みも可)。
  • 胃ろうやその他の食事方法が必要な方への援助も行います。

気になるプログラムや作業はこちら

ご利用できる方

生活介護

  • 障害者総合支援法における障害程度区分が「3以上」の方(身体・精神・知的・難病など問いません)
  • 年齢が50歳以上で、障害程度区分2以上の方。
  • 難病があり、区分認定を受けている方。

自立訓練(生活訓練)

  • 障害者総合支援法における障害程度区分認定を受けている方(身体・ 精神・知的など問いません)
  • 難病があり、区分認定を受けている方。
  • ※最大の利用期間は2年間(特例 により3年間)です。

対象地区

  • 京都市南部 (中京区、下京区、南区、伏見区)としています。
  • 相談により、北区、左京区、右京区、東山区、西京区、山科区の地域の方も利用していただいています。まずはお気軽にお問い合わせください。
  • 一部のご利用者様には送迎も実施しています。

ご利用料金

生活介護

生活保護を受けている方や、市民税非課税の世帯の方は無料となります。

(例)1 割負担の場合

区分6 1278 円/日
区分5 959 円/日
区分4 680 円/日
区分3 610 円/日
区分2 559 円/日

別途、人員配置体制加算、常勤看護職員 配置加算などがかかります。

自立訓練(生活訓練)

生活保護を受けている方や、市民税非課税の世帯の方は無料となります。

(例)1 割負担の場合

区分1~6 751 円/日

別途、看護職員配置加算などがかかります。

各サービス共通

  • 食事代300円 (食事提供体制加算非該当の方は600円)
  • レクリエーション代・材料代 (必要時のみ実費)

ゆにすてっぷ・東寺まちで
できること

ゆにすてっぷ・東寺まちでの1日の過ごし方は自由です!

ゆにすてっぷ・東寺まちでは、ご利用者さまが1日の過ごし方を決めることができます。
その日の気分や、自分のやってみたいことに合わせて、プログラムをするもよし、作業をするもよし、コーヒーを飲みながら音楽を聴くもよし、ゆったり過ごすもよし…。
どんな1日にするかはあなた次第♪ もちろん、何をすればよいかわからない!という場合は、スタッフが一緒に過ごし方を考えますのでご安心ください。
 

プログラムの例

ウォーキング、カメラを持って散策
ウォーキング、
カメラを持って散策
ボクササイズ
ボクササイズ
卓球
卓球
料理・お菓子作り
料理・お菓子作り
音楽・楽器
音楽・楽器
SST(社会生活技能訓練)
SST
(社会生活技能訓練)

みんなで作業を見つけませんか?

みんなで作業を見つけませんか?

ワーク(作業)

作業の例

  • PC を使って名刺デザインの作成や、文章の打ち込みなどのお仕事、ブログの更新など…。
  • 結婚式などのギフト商品のデザイン、製作、販売
  • カフェをみんなでオープンして、お客さんにコーヒーや食べ物を提供する
ゆにすてっぷ・東寺まちはこれからスタートする場所です。
利用者さまの得意なことや好きなことを聞きながら、職員やほかの利用者さまと一緒に作業を作っていきたいと思っています。
1人で続けていく作業でも、みんなと協力して役割分担で行なう作業でも構いません。
作品や雑貨を作ったり、カフェを開いてみんなで力を合わせて運営したり、農家さんと一緒に野菜を作って販売したり、パソコン
を使ってみんなで仕事をしてお金を稼いだり・・・。可能性は無限大です!
得意なことが見つからない、したいことがないという方も、スタッフが一緒に考えていますのでご安心ください。